忍者ブログ

プロフィール

HN:
ぷりん(*゚ー゚)
性別:
女性
自己紹介:
元々は自作絵文字倉庫用に始めたブログですが、最近はすっかりレポブログになっています。
好きなアニメやゲームのゆかりの地へ赴いたりイベントへ参加した時のことをつらつらと記しています。


記事一覧

・・・ Free! ・・・
■関西上陸スペシャルレポ
その1/その2/その3
■スペシャルトークイベントレポ
├昼の部 その1/その2
└夜の部 その1/その2
■京アニ感謝祭レポ
├絵コンテ 1話/4話/6話/12話
├原画 その1/その2
西屋太志トークショー
■聖地レポ(岩美町/鳥取市)
1&2話/3話/4話&5話/6話&7話
8話&9話/10話/11話&12話
イワトビちゃんパン
イワトビちゃんシュー&クッキー
Free!×EXILIMコラボカメラ
■聖地レポ(京都)
京都アクアリーナ
お花見in京都アクアリーナ
■聖地レポ(岩鳶高校in岸和田)
1話/2話/3話/4~12話
■ES聖地レポ(鮫柄学園in近大)
1話/2話/3話&7話
■ES聖地レポ(大会会場)
なみはやドーム
ガイシアリーナ
■ES聖地レポ@シドニー
エンディング
├12話その1/その2/その3
13話
■絵文字
メインメンバー

・・・ 忍たま ・・・
■尼崎市レポ
QRコードキャラ看板
神社仏閣ご朱印
■絵文字
タソガレ劇場
六年生
四年生

・・・ 戦国武将ご朱印 ・・・
■石田三成
長浜&京都
彦根
佐和山
■徳川家康
名古屋&岡崎
■毛利元就
山口
■伊達政宗
京都(伏見地名ラリー)
■絵文字(BASARA)
初期メンバー
三成

・・・ TOV ・・・
■スペイン クエンカ レポ
その1/その2/その3

・・・ その他 ・・・
■イベントレポ
久保田悠来バースデーイベント昼

★絵文字素材について

絵文字素材はご自由にダウンロードしてメール内で使用して頂いて大丈夫です。
加工や再配布はご遠慮願います。
下記のQRコードを携帯端末で読み取るとこのブログにアクセスできます。

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

◆岩美町◇写真で巡るFree!の舞台◆10Fr

8Fr&9Frからの続きです。
自分の写真整理を兼ねてアニメ本編のストーリーを追いつつレポと考察をしていきたいと思います(´∀`)
自分が撮影した写真のみ掲載致しますので、ぜひ本編を思い浮かべながら見て頂けると嬉しいです。
(■作中での場面/□実際の名称や場所)


【10Fr】
■回想 海岸沿いを走って帰る遙と渚
□浦富海水浴場

実際は海水浴場の砂浜の為ガードレールはありません。
ここで渚の家について考察…ガイドブックには渚と怜の家は鳥取市内方面にあると記載ありますが、10話(及びハイスピード)では遙に付いて駅とは真逆の方向へ帰っているところから、渚は小学生時代までは岩鳶市内に住んでおり、中学生あたりで市内へ引っ越したのかなと推測できます。実際の岩美町でも小学校は町内に3つありますが中学校は1つしかありませんので、渚だけ中学が違っていた事を考えるとやはりそうかなと思います。




■回想 神社の階段で話す凛と真琴
凛「七瀬ってさ、なんであんなフリーにこだわるんだろ」
□荒砂神社 浦富休憩所
http://file.purin.iga-log.com/arazuna.jpg(2014/3/11差替え)



■凛「フリーしか泳がない、とか言って」
 真琴「ハルは別にフリーが好きってわけじゃないんだと思う」
 凛「じゃあなんで」
□荒砂神社













■真琴「聞いたわけじゃないけど、たぶんハルにとって水の中にいる事が一番自然なんだ、だからフリー」
□荒砂神社














■凛「わっけわかんね」
□荒砂神社

















■石を投げる凛のカット
□浦富休憩所
















■凛「あーあ、七瀬リレー泳いでくれないかなー」
□宮島

うっすら見えている赤い鳥居は向島恵比寿神社と言い、恵比寿神を祀っている神社だそうです。
ちなみに夏場は泳いで島まで行けるそうです。












■回想 校庭の桜の木の前で話す遙、凛、真琴のシーン 遙の横顔カット
凛「もし一緒に泳いでくれたら」
□旧網代小学校グラウンド(網代体育館)

旧網代小学校も校舎はなくなり、現在は避難場所としてグラウンドと体育館のみ残されている状態です。
これまでの作中の岩鳶小学校のシーンから、場所は旧田後小学校、グラウンドは旧網代小学校、学校周辺道路は岩美西小学校と、岩美町内の複数の学校の部分部分を合わせて設定されている事が推測できます。校舎の明確なモデルは特定できませんでした。
なお岩美町では昔は集落ごとに立派な木造建築の小学校があったようですが、現在はほぼすべて廃校になり3つの小学校に合併されています。
ちなみにこの坂を上って行くと県道155号線に合流できますが、途中から傾斜40度くらいのキツイ坂道になります。レンタサイクルで廻る際は自転車を押して登って、もう無理…!てところで県道が見えてきますので、諦めず登ってください(笑)逆に下る時は相当怖そうです(;´д`)

(笹部コーチの家付近のモデルになった、県道178号線小羽尾付近の海岸線へは今回行けませんでしたので飛ばします。次回リベンジしたいです!)

■回想 中一の遙と凛の再会シーン
□新井県道踏切(以下同)

この踏切のある道路は岩美町内唯一の幹線道路とあって、昼夜問わず車の交通量が大変多いです。
踏切が下りた瞬間を狙ったのですが、両側にすぐに車が来てしまいました。










■回想 踏切で待っている遙

まるで向い側の車を撮影したかのようですが…(;´ー`)














■回想 踏切で待っている凛
(2014/3/11差替え)




















参考写真:踏切を通過するキハ47形
(2014/3/11差替え)

作中で通過した電車がどのタイプかまではさすがに分かりませんね。



































■回想 凛に駆け寄る遙
遙「帰ってたのか」
凛「まぁな」















■遙「連絡くらししろよ」

















■凛「なんか、照れくさいっていうかさ、元気にしてたか?水泳は?」

















■遙「真琴も一緒だ、結構学校のプールが大きくて」
 凛「なぁ、ハル」
□県道186号線東














■岩鳶駅ホームで電車を待っている渚と怜
□岩美駅1番のりば(以下同)

渚と怜が帰る鳥取方面の電車は反対側の2番のりばですが、2番のりばは夜はちょっと暗い+待合室にしか椅子が無い為、夏場は涼を取るために直前までこちらのホームで待っているのかな~と思われます。
岩美駅は電車が前の駅を出発した際(3~5分前)に一度だけアナウンスが入り、その後は到着する時にアナウンスがない為、2番乗り場からの電車に乗る人もアナウンスが入るまで駅の改札口待合所や1番のりばで待機し、アナウンスが入ってから移動している人も多くいました。




■渚「アイス食べる?」
怜「結構です」
渚「まぁ、考えてもしょうがないよ、全部昔の話だしさ。それに僕たち、怜ちゃんを巻き込むつもりはないから安心して」













 ■怜「ここまで巻き込んでおいて!」
驚く渚のカット



















■怜「今更そんなことを言うんですか!」




















■渚のカット





















■立ち上がった怜と驚く渚のカット
















今回はここまでです!

←Back【8Fr&9Fr】|Next【11Fr&12Fr】→

拍手

PR

Comments

Comment Form